戻る
◆ 届出を忘れずに
        ─資格取得喪等の届け出
 以下の変更があったときは、土地改良法第43条の規定により、組合員が、改良区へ届け出をしなければならないことになっております。届け出をしない限り、組合員の住所・名義及び賦課面積等は変更になりませんので、他人のものまで賦課金を収めなければならないケースもあります。
 届け出を忘れている方は早めにご連絡をお願いいたします。
 @農地(水田)の売買
 A賃貸借権・使用貸借権の設定及び解除
 B後継者への経営移譲
 C生前一括贈与
 D組合員の死亡
 E組合員の住所の変更


◆ 他目的使用料並びに各種手数料等の徴収
 当土地改良区においては、他目的使用並びに手数料徴収規程を設けて、浄化槽等の排水放流のための水路利用、スプレーヤによる薬剤散布のための防除用水としての水使用等の多目的使用料及び各種証明書・承諾書発行手数料をいただいております。
 又、他目的使用及び各種証明書を発行する場合、審査等の期間がかかりますので事前に杭止堰土地改良区へご相談していただきますようお願いいたします。他目的使用料及び各種手数料は下記の通りです。
●他目的使用料一覧表● ●手数料一覧表●
区分 種類 建築用途規模 期間 利用料
排水放流 雑排水及び
浄化槽排水
一般住宅   10,000円
魚菜店   250円/坪
飲食店   2,000円/坪
理容所・美容院   2,000円/坪
学校(幼稚園含む)   55円/人
浄化槽排水 30人   20,000円
50人   30,000円
100人   70,000円
200人   100,000円
300人   150,000円
400人   170,000円
500人   200,000円
600人   240,000円
防除用水 ポンプ場
スプレーヤ
    400円/10a
ハウス     15円/坪
区分及び内容 徴収手数料
農地法第3条の意見書交付手数料
(農地委員会提出)
賦課金納付証明書交付手数料(申告用)
1件につき 300円
国有地使用願に伴う承諾書交付手数料
(水路に橋、蓋を架ける場合)
1件につき 3,000円
排水放流願に伴う承諾書交付手数料
(浄化槽等の排水を流す場合)
1件につき 5,000円
開発許可申請に伴う承諾書交付手数料
(大規模な転用等の場合)
1件につき 5,000円
農地法第4条5条の意見書交付手数料
(農地転用、地区除外する場合)
1件につき 3,000円
その他現地立ち会いの必要な証明書
交付手数料
1件につき 3,000円

◆ 排水放流・国有地の使用等は、正規の手続きを
        ─官地は国のものです
 近年、農地の宅地化が進んできたこともあって、官地(国有地)にからむ、種々の排水の放流、不正使用(例; 無断で水路をつぶして農地として耕作等)が良く見受けられます。水路、農道の管理者は、土地改良区ですが、敷地(土地)は、国の所有物件になっています。
 以下の場合は、行政機関(県土整備事務所・市役所・保健所・他)の許可及び土地改良区の承諾が必要ですので、必ず正規の手続きをしていただくようお願いいたします。
 @土地改良区管轄内の水路の用途廃止、又は付け替え
 A土地改良区管轄内の農道又は水路敷地の使用又は払い下げ
 B土地改良区管轄内の水路に橋を架けての通行
 C建物の建築に伴う浄化槽等の排水の土地改良区管轄内の水路への放流
 D土地改良区管轄内の農地の宅地への転用

◆ 令和元年度地区除外決済金
当土地改良区の受益地から脱けるための地区除外決済金については、現在の借入償還金の残額・その年度の各施設の維持管理費にその施設の耐用年数を考慮した年金現価率を乗じた金額の合計によって算出しておりますが、農地転用、公共事業(道路、河川、学校用地等)用地への買収にて、改良区の受益地から除外される場合、この地区除外決済金を納めない限り、賦課金は減少しませんので、年度内(令和元年2月末日までに申請)に忘れずに手続きをお願いいたします。
地域 1000uあたり
地区除外決済金額(円)
ほ場整備事業非施行地域 22,845
植田地区ほ場整備事業施行地区 25,040
兼平地区ほ場整備事業施行地区 25,040
鳥井野地区ほ場整備事業施行地区 25,040
鶴田地区ほ場整備事業施行地区 31,625
戻る